TOP » 木更津市で見つけた、外壁の劣化症状&補修事例

木更津市で見つけた、外壁の劣化症状&補修事例

外壁劣化の種類と補修について

外壁が劣化する主な原因は3種類。クラックなどに代表される「ひび割れ」や金属部が腐食する「サビ」、コケや藻が生えたり外壁内部が傷んだりする「腐食」です。ここでは、これらの代表的な劣化の種類と補修方法について紹介します。

ひび割れの劣化症状と補修


引用元:シマテック公式サイト
(http://www.simatech.jp/contents/category/repainting/)

外壁の表面にひびが入っています。表面にひびが生じるのは、主に塗膜の乾燥や経年劣化が原因。外壁塗装で補修が可能です。重大な劣化ではありませんが、このまま放置しておくと外壁が反り、ひび割れが大きくなってしまいます。そうすると外壁の奥まで割れることにもつながりますので、専門家に診断してもらい適切な処置をするほうが良いでしょう。

ひび割れの症例&
補修方法はこちら

サビ

外壁のサビ
引用サイト:街の外壁塗装やさん千葉本店公式サイト
(https://www.tosouyasan12.net/works/9407.html)

外壁がトタンやスチール、ガルバニウムなどの金属製であれば、サビ対策は必須。外壁が木材やコンクリート材であっても、管にサビが生じる場合があります。サビの主な原因は雨水ですが、木更津のような海辺に近い場所の場合は、塩害にも注意しなければなりません。サビがもとで木材の外壁が腐食した場合、塗装だけでなく取り換える補修が必要です。

サビの症例&
補修方法はこちら

腐食

外壁の腐食
引用サイト:みすず公式サイト
(http://www.nurisen.jp/works/pg230.html)

ちょっとしたひび割れから雨水が浸入し、内部の木材や構造材を腐らせることがあります。軒天の変色している部分は、浸入した雨水がもとで腐食したケース。軒天の板を交換するしか補修方法はないでしょう。海辺に近いところでは潮風も腐食の一因塩害対策も忘れずに行うことが大切です。

腐食の症例&
補修方法はこちら

木更津に多い塩害による外壁劣化

木更津では塩害による外壁の劣化が多く見られるようです。塩害を受けやすい地域は、受けない地域と比べて家の寿命が2~3年短くなるともいわれています。塩害に強い塗料を使ったり、塩害対策の実績がある塗装業者に依頼したりすることで、家の寿命を延ばしましょう。具体的にどんな塗料が良いのか、塩害対策に強い外壁塗装業者はどこか興味のある方は、ご参考ください。

あなたの目的はどれ?
木更津市の外壁塗装業者3選
シマテック 外壁への欲張りを叶える 安い・綺麗・長持ちをすべて実現 みすず いつもお洒落な家に 毎年壁色を塗り替えて楽しむ キリンテック 新築の家をケアする 新築のサイディングボードを守る
TOPへ TOPへ