TOP » 木更津市で見つけた、外壁の劣化症状&補修事例 » ひび割れ

ひび割れ

外壁に生じる「ひび割れ」の原因

外壁に生じるひび割れ。急激な温度差で生じる塗膜の劣化や乾燥、施工時の不良など、さまざまな原因が考えられます。なかでも、海沿いにある家の外壁は潮風による塩害を受けやすいようです。ここでは、ひび割れのケース補修例を紹介します。

ひび割れの事例と補修について

ケース1:
塗膜劣化による軽度のひび割れ

軽度のひび割れ
引用元:シマテック公式サイト
(http://www.simatech.jp/contents/category/repainting/)

壁面に線状のひびが壁材の奥まで達していないひび割れ事例です。原因は塗膜の乾燥や経年劣化。このような場合、外壁を塗装して補修します。

ケース2:
大きな壁材の割れ

壁材の縦にひび割れが生じるケース。気温の寒暖差で壁材が伸縮して生じる場合や大きな地震などで生じる場合など、何らかの負荷がかかると起こります。あまりにも大きなひび割れの場合には、塗料で処置できないことも。場合によっては、ひびの幅を広げ、奥まで充填剤を注入して補修します。

ケース3:
目地の割れ

目地の割れ
引用元:シマテック公式サイト
(http://www.simatech.jp/contents/category/repainting/)

外壁面に限らず、サイディングといった壁材のつなぎ目に使われるコーキング(シーリング)材にひび割れが生じることがあります。コーキング材が経年劣化により硬くなってひび割れが生じる場合や壁材にゆがみなどの問題がある場合など、原因はさまざま。外壁塗装の際にコーキング材を充填して補修します。

ひび割れから内部の腐食が
進行するケースも

軽度のひび割れであれば建物の耐久性にはあまり影響を与えません。しかし、放っておくと外壁が反って、ひび割れが大きくなることがあります。ひび割れが大きくなると、雨水が侵入。内部の構造材を腐食させる原因になります。特に海岸沿いに家がある場合、塩害の被害も受けるので注意が必要です。潮風が建物内部に入り込むと、鉄筋などの構造材の耐久力に影響してしまうので、早めの適切な対処が必要。ちょっとしたひび割れだからと安心せず、外壁塗装を行っている専門業者にみてもらいましょう。

木更津市で評判の
外壁塗装業者はこちら

あなたの目的はどれ?
木更津市の外壁塗装業者3選
シマテック 外壁への欲張りを叶える 安い・綺麗・長持ちをすべて実現 みすず いつもお洒落な家に 毎年壁色を塗り替えて楽しむ キリンテック 新築の家をケアする 新築のサイディングボードを守る
TOPへ TOPへ